梅野泰靖(劇団民藝)の経歴と出演作品の紹介|三谷作品常連俳優の訃報!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
梅野泰靖 経歴 エンタメ

三谷幸喜監督の映画の常連だった梅野泰靖(うめのやすきよ)さんが亡くなられました。
87歳で、老衰と発表されました。
喪主は次女の有馬美紀さんだそうです。

今どきの87歳はまだまだ若いです。
映画やドラマで、もっとお顔をみたかったですね。

梅野泰靖さんの名前は知らなかったけど、この人知ってる!という方が大勢いらっしゃると思います。

柔和な笑顔で、見る人に安心感を与える雰囲気をお持ちの方でしたね。

舞台人、舞台俳優であることに誇りと信念を持ち、生涯こだわりつづけた役者さんでありました。

 

そこで、こちらでは梅野泰靖さんについて、
・梅野泰靖(劇団民藝)の経歴と出演作品の紹介
・三谷作品常連俳優
を調査していきます。

また、この記事の後半では、
梅野泰靖さんについての動画を掲載しています。
ぜひ、合わせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

梅野泰靖(劇団民藝)の経歴と出演作品の紹介

 

梅野泰靖さんのプロフィール

名前:梅野泰靖(うめのやすきよ)
生年月日:1933年7月14日
享年:87歳
身長:167㎝
所属:劇団民藝

 

梅野泰靖さんは、高校在学中の1951年に民芸少年劇第2回公演「山びこ学校」で主役に抜擢されました。
その後、1954年に劇団民藝に入団されました。

 

梅野泰靖 経歴

出典:劇団民藝

息子さんのお話で、舞台俳優として生きられた梅野泰靖さんのお人柄がうかがえます。

TVに出たほうがお金持ちになって良いのにと思っていた私に、「パパは舞台が好きなんだ。お客さんに直に生で表現できる。反応が感じられる。芝居は舞台でしたいんだ」とよく言っていました。
父が舞台俳優として評価され、紀伊國屋演劇賞個人賞を、舞台「亡命者」で受賞した時は本当に嬉しくて、今でも鮮明に私の心に残っています。

 

View this post on Instagram

焼きそば大好き❢ 私の子供の頃は、まだ牛肉は高級と言われていて牛肉=贅沢というイメージでした😌 だから食卓に牛肉が出ることはあまりなかったのですが、何故か父は「焼きそばは牛コマ」という信念があり、我が家の焼きそばには必ず牛肉が入っていて、これが子供心に嬉しくて仕方がなかった。 それが私の焼きそば大好き由縁だと思っています。 その父であり俳優の梅野泰靖が、昨日の朝、安らかに永眠しました。 滝沢修さんや宇野重吉さんを敬愛し劇団民藝に入団、日活全盛期に「幕末太陽傳」などの作品で注目いただき、「黄金の日々」や「独眼竜政宗」などの大河ドラマ、刑事コロンボシリーズの名犯人役ロバート·カルプさんの吹き替えや、「男はつらいよ」「北の国から」「太陽にほえろ」などの人気作品、近年は父のファンと言ってくださった三谷幸喜さんが「ラヂオの時間」「今夜宇宙の片隅で」「古畑任三郎」などの作品に起用くださったり、出演に家族も驚いた「仮面ライダーカブト」のじいやなど、様々な役でTVや映画出演させていただきましたが、舞台人、舞台俳優であることに誇りと信念を持ち生涯こだわりつづけた役者でもありました。 TVに出たほうがお金持ちになって良いのにと思っていた私に、「パパは舞台が好きなんだ。お客さんに直に生で表現できる。反応が感じられる。芝居は舞台でしたいんだ」とよく言っていました。 父が舞台俳優として評価され、紀伊國屋演劇賞個人賞を、舞台「亡命者」で受賞した時は本当に嬉しくて、今でも鮮明に私の心に残っています。 そんな父が、今年の七夕まつりで短冊に書いてもらった願い事は、「また、俳優デビューしたい」でした。 大好きな芝居を60年以上やれてきて、それでもまだまだ芝居がやりたいという情熱を抱きながら亡くなった父は、本当に幸せな人生だったのではないかと思います。 今まで父を支え応援くださった皆様、本当にありがとうございました。 一夜明け、今日の私のランチはもちろん、父と私の大好きな牛コマ入り焼きそばでした😌 ☆☆☆☆☆ #梅野泰靖 #劇団民藝 #民藝 #宇野重吉 #滝沢修 #奈良岡朋子 #大滝秀治 #俳優 #舞台 #舞台俳優 #幕末太陽傳 #日活 #映画 #焼きそば #焼きそば大好き #思い出 #三谷幸喜 #三谷組 #仮面ライダー #水嶋ヒロ #山本裕典 #刑事コロンボ #大河ドラマ #山田洋次 #倉本聰 #演劇 #芝居 #役者 #紀伊國屋演劇賞 #ありがとうございました

A post shared by @ mctanpopo on

 

出演舞台

2013年  『夏・南方のローマンス』 検察官役
2010年  『十二月』 九城間弓役
2010年  『巨匠』 前町長役
2008年  『海鳴り』 兼蔵役
2007年  『双城冬季』 渡辺雄一役(日中合同)
2007年  『はちどりはうたっている』 ルー・シン役
2006年  『審判』 検察官A役
2005年  『火山灰地』 雨宮聡役

映画

2010年  『すべて海になる』
2008年  『ザ・マジックアワー』
2006年  『有頂天ホテル』
2005年  『県庁の星』
2001年  『みんなのいえ』
1999年  『金融腐蝕列島-呪縛-』
1997年  『ラヂオの時間』
1957年  『幕末太陽傳』

TV

2015年  フジテレビ『黒猫の三角』
2014年  TBS『新・示談交渉人 裏ファイル3』
2013年  フジテレビ『独身貴族』
2010年  フジテレビ『医龍』
2010年  フジテレビ『わが家の歴史』
2010年  テレビ東京『柳生武芸帳』
2009年  TBS『水戸黄門 第40部』
2008年  NHK大河ドラマ『篤姫』
2008年  NHK連続テレビ小説『瞳』
2005年  NHK『ハルとナツ』
2004年  NHK大河ドラマ『新選組!』
2004年  テレビ朝日『はぐれ刑事純情派』
2004年  テレビ東京『信濃のコロンボ』
2004年  TBS『日本のこわい夜』
2003年  テレビ朝日『相棒』
2000年  フジテレビ『ナースのお仕事』
2000年  フジテレビ『やまとなでしこ』
1999年  フジテレビ『古畑任三郎』
1998年  フジテレビ『今夜、宇宙の片隅で』
1996年  NHK大河ドラマ『秀吉』
1980年  NHK『御宿かわせみ』
1973年  NHK『天下堂々』

 

有名な映画やTVドラマなど、出演が多いので、名前は知らなくても顔は知っているという人が多いんだと思います。

失礼ですが、私もこの方の名前を始めて知りました。
顔はよく、存じ上げておりました。

とくに、三谷幸喜監督の作品が好きなので、よく拝見していましたよ。

 

息子さんのお話から・・・

大好きな芝居を60年以上やれてきて、それでもまだまだ芝居がやりたいという情熱を抱きながら亡くなった父は、本当に幸せな人生だったのではないかと思います。
今まで父を支え応援くださった皆様、本当にありがとうございました。

 

スポンサーリンク

三谷作品常連俳優

View this post on Instagram

映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(1983/第32作)鑑賞。マドンナ石橋朋子役は竹下景子さん。可愛らしくて美しく魅力的でした。プロの写真家を目指す弟一道役の中井貴一さんとその恋人ひろみ役の杉田かおるさんのお二人の物語も素敵でした。小学校6年生の満男役の吉岡秀隆さんもちょいちょいモノを言うようになっておもしろいです。テレビ連続ドラマ『北の国から』(全24話 放映:1981年10月9日 〜 1982年3月26日)で純役の吉岡秀隆さんと叔母雪子役の竹下景子さん共演。本作で一番かっこよかったのは、博さんだなぁ。遺産を…それはカッコよすぎ(驚)男はつらいよシリーズを観ていて最近の私のツボは、作品ごとに異なる役で登場するあき竹城さんです。 #男はつらいよ口笛を吹く寅次郎 #男はつらいよ #口笛を吹く寅次郎 監督・原作:#山田洋次 脚本:山田洋次、朝間義隆 製作:島津清、中川滋弘 音楽:山本直純 車寅次郎:#渥美清 さくら:#倍賞千恵子 石橋一道:#中井貴一 ひろみ:#杉田かおる 車竜造:#下條正巳 車つね:#三崎千恵子 諏訪博:#前田吟 満男:#吉岡秀隆 たこ社長:#太宰久雄 源公:#佐藤蛾次郎 親方熊:#レオナルド熊 (夢の中の偽寅次郎も) 蕎麦屋の店員:#石倉三郎 毅(博の長兄):#梅野泰靖 信子(博の姉):#八木昌子 修(博の次兄):#穂積隆信 衿子(毅の長女):#灘陽子 運転手:#関敬六 親方熊の妻:#あき竹城 柴又駅員: #人見明 法事の客:#谷よしの 御前様:#笠智衆 石橋泰道:#松村達雄 大坂屋:#長門勇 石橋朋子:#竹下景子 特別出演:#森山徹

A post shared by 高橋典幸 (@takahashinoriyuki) on

View this post on Instagram

・古畑任三郎 3rd season 3 「若旦那の犯罪」1999年4月 古畑のDVDはバラで買って好きなものを 集めてます。 前にも書いたけど古畑と家政婦は見た!は 癒しですw この回はどれが誰だか確認しましょうw 前座役?二ツ目役?のうち白酒師匠だけ (他の場面でも)常に着物なのは何故。。 最後の気楽家有楽の台詞がとても良いです。 それを堪えながら聞いている若旦那(雅楽役)の 染五郎さんの表情もまた良い。 ——————– 「何も殺すことはねぇじゃねぇか。 馬鹿野郎だよ。 ネタなんかいいんだよ、どうだってさぁ。 お前の客はお前を見に来てるんだ。 お前には華がある。 それ以上何がいる?みんなそれがなくて 苦労してんだ。 他のもんは後からついてくる。 焦ることはねぇんだ。 苦楽も死ぬことはなかったし、 お前も殺すことはなかった。 大馬鹿野郎だ! ・・・古畑さん、 とっとと連れてってくれ。 それから、ムショが決まったら教えてください。 しょうがねぇから 慰問に行って やるよ・・・ 一門引き連れて盛大にな。 覚悟しとけ! —————- #古畑任三郎 #田村正和 #市川染五郎 #西村雅彦 #石井正則 #モロ師岡 #梅野泰靖 #柳家さん生 #柳家甚語楼 #柳家我太楼 #桃月庵白酒 #春風亭柳朝 #干物箱 #若旦那の犯罪

A post shared by erieri1950 (@erieri1950) on

 

映画DVD紹介

震える舌

■あらすじ&みどころ 破傷風に侵された少女と、 それを看病する両親の闘病記を、 ホラー映画のように纏め上げた異色作。 奇病に取り組み、血も凍る恐怖を熱演した 当時5才の子役の圧倒的な演技が見所。 渡瀬恒彦はこの年、キネ旬主演男優賞を受賞(他作品含む)

 

ザ・マジックアワー

「ラヂオの時間」「THE 有頂天ホテル」の三谷幸喜監督が贈る痛快エンタテインメント・コメディ。とある港町を舞台に、映画撮影と思い込み本物のギャング相手に幻の殺し屋を嬉々として演じる無名の三流役者と、彼を騙し通して人生最大のピンチを切り抜けようとするしがないホテル支配人の男が繰り広げる大騒動を実力派キャスト陣の豪華アンサンブルで描き出す。出演は佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行。港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに手を出してしまった手下のホテル支配人・備後。はたして天塩に捕まり絶体絶命となってしまう。助かる唯一の条件として天塩が示したのは、5日以内に幻の殺し屋”デラ富樫”を連れてくること。条件を飲んだ備後だったが、そう簡単に見つかるわけもなく、最後の非常手段としてニセモノを用意することに。そこで備後は、映画監督になりすまして無名の俳優・村田大樹を雇うと、映画の撮影と称して彼に殺し屋”デラ富樫”を演じさせ、天塩の前に差し出すのだったが…。

 

ラヂオの時間

「警部補 古畑任三郎」などで知られる人気脚本家、三谷幸喜初監督によるコメディ映画。三谷幸喜がかつて主宰していた劇団「東京サンシャインボーイズ」の同名劇をもとに、ラジオ局内で繰り広げられるドタバタ劇をコミカルに描く。スピーディなカメラワークやストーリー展開、ツボを突いた笑いなど、才人・三谷幸喜の冴えた手腕が見どころ。生放送のラジオドラマを控え、緊張気味のスタジオ。初めて書いた脚本が採用された主婦のみやこも、直前のリハーサルを見学していた。そんな中、突然主演の人気女優が設定を変えたいと文句を言い始める。困り果てたプロデューサーは、みやこに脚本の書き直しを依頼。だが他の出演者も口々に不満を漏らしはじめ、メロドラマだった物語は次第にアクションへと変貌してゆく。

 

幕末太陽傳 デジタル修復版

時は、幕末、文久2(1862)年。東海道品川宿の相模屋という遊郭へわらじを脱いだ左平次(フランキー堺)は、勘定を気にする仲間を尻目に、呑めや歌えの大尽騒ぎを始める。しかしこの男、なんと懐には、一銭も持ち合わせていなかった…。居残りと称して、相模屋に居ついてしまった左平次は、持ち前の機転で女郎や客たちのトラブルを次々と解決していく。遊郭に出入りする攘夷派の高杉晋作(石原裕次郎)らとも交友を紡ぎ、乱世を軽やかに渡り歩くのだった。

 

みんなのいえ

映画賞を総ナメした「ラヂオの時間」から4年ぶりとなる、三谷幸喜監督待望の第2作。自らの家造り体験をもとに、次から次へと起こるドタバタ騒動をコミカルにつづる。お酒落なマイホームを夢見る若夫婦。新進気鋭のインテリア・デザイナーに設計を依頼するまでは良かったが、施工は妻の父親で頑固な大工が行うこととなり、正反対の性格であるふたりは対立を繰り返し、遂には想像を絶するトラブルが夫婦に襲い掛かる。はたして理想の新居は完成するのだろうか?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまで梅野泰靖さんについて
・梅野泰靖(劇団民藝)の経歴と出演作品の紹介
・三谷作品常連俳優
について調査してきました。
いかがでしたでしょうか?

梅野泰靖さんの、ひょうひょうとした柔らかい雰囲気が好きでした。
男はつらいよの、博のお兄さん役は本当にはまり役でしたよ。

他にもたくさんの映画に出演されているので、ユーチューブでひとり鑑賞会を開きたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
kuronekoをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
興味しんしん
タイトルとURLをコピーしました