轟二郎(三浦康一)さん訃報!家族(妻・子供)に見守られ…画像アリ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
轟二郎 妻 ニュース

轟二郎さんは元々、殺陣師兼スタントマンとして芸能活動を開始されました。
日本テレビ系『うわさのチャンネル』に出演したことで人気者になり、俳優といても活躍されていました。

バラエティー番組「びっくり日本新記録」では体を張った企画に挑戦して、“チャレンジボーイ”として一世を風靡しましたね。

65歳はまだ若い!残念ですね。

 

こちらでは轟二郎さんについて、
・轟二郎(三浦康一)さん、家族(妻・子供)に見守られ…
・バラエティー番組で活躍
・俳優で活躍
を調査していきます。

また、この記事の後半では、
轟二郎さんについての動画を掲載しています。
ぜひ、合わせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

轟二郎(三浦康一)さん、家族(妻・子供)に見守られ…

轟二郎 妻

出典:東スポ

轟二郎さんは、最近は地元・静岡を中心に活動しながら、闘病生活を送っておられましたが、2020年8月2日にお亡くなりになりました。
喪主は妻のゆかりさんです。

 

ブログから
「ガン治療で、昨日から入院 痛み止めの薬を飲み、効果を待つ 痛えよ~肛門と下腹部辺りがすこぶる痛てぇ~ 昨日は痛くて一睡も出来ず…今日は午後から(C・T)らしい 頼む!痛いのだけはナンとかしてくれ~ でも、どんなに痛くても… 『ぼく泣かないよ!』…古くてすいません」

苦しい闘病生活を送っておられたんですね。

 

闘病中は、ご家族で旅行なども楽しまれていたようです。
がん闘病を支える家族は辛い状況です。

その中で、妻や子供として、精一杯尽くしておられるのが感じられます。

 

轟二郎 妻

出典:アメブロ

13年ぶりの、家族旅行でのワンシーン。
初めてのカジノで、家族の方はみんなで大喜びだったそうです。
いい思い出になりましたね。

轟二郎 妻

出典:アメブロ

 

ブログから
医者
「手の施しようがありませんのでガンの摘出手術は出来ません。隔週で抗がん剤治療をします」
え〜!ボキがガン?・・・が〜ん!!

最近よく聞く
「同じ病で苦しんでいる人達の励みになり、少しでも役にたつようにとガン告知をしました」・・・・・

ふ〜ん、すごいなぁ
人間ってそんなに強いのか?!
アタシにゃ出来ねぇ
体中痛いし、苦しいし、毎日泣きたい。
そこでこのブログを、しばらくは弱音・泣き言の独り言コーナーといたします。
「あ〜痛てぇよ〜死ぬまで痛てぇのか〜?」
グチや泣き言のある方はどうぞご活用ください。

 

苦しい闘病のなか、ブログではいつも明るく振る舞われています。
ダジャレが多いんです。
いつも、人を楽しませたい方なんですね。
轟二郎さん、ありがとうございました。

辛かったですね。
ゆっくりと、休んでくださいね。
よく、頑張りました。

スポンサーリンク

バラエティー番組で活躍

 

出演された、主なバラエティー番組

びっくり日本新記録(読売テレビ)
ドバドバ大爆弾(東京12チャンネル)
爆笑!!ドットスタジオ(テレビ朝日)
天才・たけしの元気が出るテレビ!!(日本テレビ)
お笑いスター誕生!!(日本テレビ)
特選ぶらり旅(テレビ東京)
金曜10時!うわさのチャンネル!!(日本テレビ)
24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ)
さんまのナンでもダービー(テレビ朝日)
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(日本テレビ)

 

有名な人気番組に多数出演されていました。

とくに、びっくり日本新記録には本名の三浦康一で、ほぼ毎回チャレンジャーとして参加していました。
逆立ち相撲日本一に輝いたこともあります。

ものすごい、頑張り屋さんです。
ユーモアも忘れず、いつも私たちを楽しませてくれました。

スポンサーリンク

俳優で活躍

轟二郎 妻

出典:翔んだカップル

映画

トリガール(東映)
ミスターどん兵衛(東映)
セーラー服と機関銃(東映)
A WEATHERWOMAN お天気お姉さん(バンダイビジュアル、東北新社)
借王4(日活)

 

テレビドラマ

翔んだカップル(フジテレビ)
翔んだライバル(フジテレビ)
翔んだパープリン(フジテレビ)
あんみつ姫(フジテレビ、1983年)
間違いだらけの夫選び(フジテレビ)
家庭の問題 (TBS)
闘え!ドラゴン(東京12チャンネル)
春日局(NHK総合)
中学生日記(NHK総合)
ねらわれた学園(フジテレビ)
時をかける少女(フジテレビ)
ブースカ! ブースカ!!(テレビ東京)
モモ子シリーズ4「グッバイ・ソープガール」(TBS)

 

俳優としても、ご活躍されましたね。
ご冥福をお祈りいたします。

 

好きな俳優さんでした。コミカルな演技は一級品でした。

 

お茶の間でみんなが日曜日の夜に見ていました。翌日からの仕事に備えて見ていた番組でした。

まとめ

さて、ここまで轟二郎さんについて
・轟二郎(三浦康一)さん、家族(妻・子供)に見守られ…
・バラエティー番組で活躍
・俳優で活躍
について調査してきました。
いかがでしたでしょうか?

また、ひとつ、昭和のスターが消えました。
最後まで、明るく、楽しい方でしたね。

残念です。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
kuronekoをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
興味しんしん
タイトルとURLをコピーしました