松田詩野の経歴(成績・高校・身長・年齢)や趣味を調査!練習はどこでやっている?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
松田詩野 成績 スポーツ

コロナ過で、世の中の動きがずいぶんと変わってきました。
東京オリンピックの出場予定だった、高校生サーファーの松田詩野さんは、現在どういう生活や練習をされているのでしょうか?

オリンピックが延期になったことを受けて、松田詩野さんは少しほっとしているとおっしゃいます。

コロナウイルスが世界中に影響を与えている状況で、世界選手権やオリンピックへの思いは変わらないと、松田詩野さんはいいます。

目標を失わずに、自分の技術やメンタルを高めていきたいのだそうです。

1年延びたことで、まわりのレベルも上がるし、自分も実力をつけてレベルを上げられるんだそうです。
ぜひ、頑張ってほしいですね。

 

そこで、こちらでは松田詩野さんについて、
・松田詩野の経歴(成績・高校・身長・年齢)を調査!
・練習はどこでやっている?
・松田詩野の趣味や家族について
を調査していきます。

また、この記事の後半では、
松田詩野さんについての動画を掲載しています。
ぜひ、合わせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

松田詩野の経歴(成績・高校・身長・年齢)を調査!

View this post on Instagram

Good day🕊♡

A post shared by Shino Matsuda/松田詩野 (@shinomatsuda) on

 

松田詩野さんのプロフィール

名前:松田詩野(まつだしの)
生年月日:2002年8月13日
身長:158㎝
体重:48kg
出身地:神奈川県茅ケ崎市
出身中学校:茅ヶ崎市立第一中学校
高等学校:飛鳥未来高等学校(通信制)
好きな食べ物:お寿司・肉・フルーツ
好きなビーチ:カリフォルニア・ハンティントン
所属:株式会社ケイズプロジェクト

 

世界中をサーフィンで回るために、高校は通信制を選ばれたそうです。
すべて、サーフィン中心の生活をされています。

 

 

松田詩野さんの成績

2014年:小学校6年生の時に日本サーフィン連盟公式検定にて、ショートボード1級・2級を取得

2016年:夢屋サーフィンゲームス田原オープン大会(愛知県・田原市赤羽海岸)にて日本プロサーフィン連盟(JPSA)公認プロ資格を取得・3位に入賞

2016年:第51回全日本サーフィン選手権大会(田原市赤羽海岸)のガールズ部門で優勝

2016年:世界プロサーフィン連盟公式ツアーであるワールドサーフリーグ(WSL)ジャパンツアーに参戦を始め、

2016年:WSL JAPAN第7戦のTRUMP Hyuga Pro(宮崎県日向市小倉ヶ浜海岸)にてシニアウィメンズ部門でプロ初優勝

2017年:WSL JAPAN ウイメンズジュニア年間チャンピオン

2017年:ワールドサーフリーグランキングアジア女子部門で1位

2018年:ワールドサーフリーグランキングアジア女子部門で1位

2018年:WSL Q1000の一宮千葉オープン(千葉県一宮市・釣ヶ崎海岸)女子シニアで優勝

2018年:世界ジュニアサーフィン選手権大会(アメリカ合衆国・カリフォルニア州ハンティントンビーチ)では女子U-16で銀メダルを獲得し、団体金メダルを獲得した

2019年5月:釣ヶ崎海岸で開催された第1回ジャパンオープンオブサーフィンに出場初代ジャパンオープン女王。

2019年9月:2020年東京オリンピックの出場枠が賭けられた『2019 ISA World Surfing Games』(宮崎県宮崎市・木崎浜海岸)に出場し、アジア選手最高の15位(東京オリンピックほぼ内定)

スポンサーリンク

練習はどこでやっている?

 

以前は、松田詩野さんは世界中(オーストラリアやバルバトスなど)で試合をしていました。

普段は、試合をやっている方が、試合の組み立てなどの調子がよかったりするそうです。
しかし今は試合が延期になったりしているので、フリーサーフィンのときも、試合のシチュエーションを考えたりしているんだとか。

今年の初めまでは海外で試合をやり続けていたので、学校のレポートを書く時間もなかったそうですが、今は時間があるので、レポートもできているらしいですよ。

海での練習は、地域のガイドラインに沿って行っていて、サーフィンの練習だけでなく、ランニングをしたり、自宅でストレッチをやったり、バランスボールのトレーニングも行っているそうです。

 

松田詩野さんは海に入れないときには、サーフィンのビデオを見てイメージトレーニングもされているようです。
また、オンラインで英語の勉強もされていて、今の時期だからこそやれる練習をするなど、すべて前向きに捉えられています。

松田詩野さんは一日中、海にいてサーフィンをする生活も恋しいといいます。
しかし、たいへんな世の中なので、こんな時こそポジティブに考えたいと、前を見据えています。

 

中学時代は、朝起きて、スマホで波の高さを確認してから、波があれば5時起きで2時間ほどサーフィンをしてから学校へ行っていたそうです。

もちろん、放課後も波があればサーフィンへ。
波があれば、地元の茅ケ崎や湘南、千葉まで練習へ出かけていたそうです。

近くの海岸なら、サーフボードを詰めるキャリア付き自転車で行くそうですよ。

東京オリンピックの会場が、千葉県長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸サーフィンビーチに決まってからは、そちらでの練習もされていたようです。

 

松田詩野さんの得意技は「カービング」で、パワーゾーンに戻りたいときに使う、波のフェイスを削る技だそうです。
試合前には、自分が優勝するシーンを想像し、自分のサーフィンができて、勝ち上がっていくイメージを頭に描くそうです。

 

スポンサーリンク

松田詩野の趣味や家族について

 

時間があるときは、普段はやらなかったお料理にも挑戦しているそうです。
スコーンやチーズケーキなどのスイーツを焼いてみたり、キーマカレーを作ったりしているそうですよ。

普通の高校生っぽいですよね。

ご家族は両親と、5歳上の姉、葉月さんです。

お父さんはロングボード、お母さんは、ボディボードをされていました。
サーファーである両親の影響で、幼い頃から海に入っていました。

海の近くにすんでいたので、サーフィンが身近なものだったそうです。

お父さんは山形の出身、お母さんは神奈川県の葉山町の出身だそうです。

 

View this post on Instagram

Happy 20th birthday🍒🍒 @926hazuki

A post shared by Shino Matsuda/松田詩野 (@shinomatsuda) on

お姉さん、メチャ美人ですね。

 

こちらは、松田詩野さんのかわいい画像をピックアップして紹介しますね。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

サーファーガール 湘南の女神降臨!“ 松田 詩野 ”
今一番輝いている!女子プロサーファー
東京オリンピック内定選手の松田詩野プロの模様を収めた映像です。

 

「BREAKTHROUGH(ブレイクスルー)~ 限界突破に挑むアスリートたち~」 プロサーファー 松田詩野

 

西野カナ 「Girls」×サーファー 松田詩野(まつだしの)

 

まとめ

さて、ここまで松田詩野さんについて
・松田詩野の経歴(成績・高校・身長・年齢)を調査!
・練習はどこでやっている?
・松田詩野の趣味や家族について
について調査してきました。
いかがでしたでしょうか?

 

松田葉月・詩野姉妹が、超絶美人なので驚きました。
松田詩野さんは14歳で日本プロサーファーとしてデビューしています。

コロナ過の前は、年間10カ国以上を周りワールドツアーに参戦しながら、「わたしの波は必ず来る」という思いを心に秘め、世界チャンピオンを目指し、日々チャレンジしていました。

来年の東京オリンピックでは、きっと活躍してくれるでしょう。
応援していますね。

 

タイトルとURLをコピーしました