芸術

スポンサーリンク
芸術

棟方志功を見出した柳宗悦とは?息子や叔父とは?代表作や名言とは?

棟方志功を見出した柳宗悦とはどのような人物なのでしょうか?また、柳宗悦の息子の柳宗理や叔父の嘉納治五郎ついて調べてみました。また柳宗悦の代表作や年譜、名言についても調査してみました。
芸術

満田晴穂の自在置物の価格は?どこで販売しているの?プロフィールは?

満田晴穂の自在置物の価格はいくらくらいなのでしょうか?海外に流出していたそうですね。どこで販売しているのでしょうか?満田晴穂のプロフィールは?妻や子はいるの?師である自在置物師・冨木宗行との関係は?満田晴穂氏について調べてみました。
芸術

川崎晶平刀匠の経歴や作品|現代刀の値段(相場)は?刀剣ブームについて

川崎晶平刀匠の経歴や作品を紹介します。現代刀の値段(相場)はいくらくらいなのでしょうか?宇宙をも感じさせる美しさで評判の川﨑晶平の作品を鑑賞した後、日本刀本来の存在価値を鋳物師・元井秀治とSWITCHインタビューで語り合いました。現代刀匠のランキングというより【人間国宝】も紹介しますね。
芸術

沈壽官が家族に乾杯で紹介され、沈壽官窯と陶芸家沈壽官が注目された!

沈壽官が家族に乾杯で紹介されました。一回目の放送で、鶴瓶との奇跡の遭遇があり、沈壽官窯と陶芸家沈壽官が注目されました!今回は再放送では、父のあとを引き継ぎ沈壽官15代として活躍されている息子さんのお話が聞けました。
芸術

沈壽官とは?司馬遼太郎の小説から紐解く14 代15代の国籍や人柄とは?

沈壽官とは?司馬遼太郎の小説のモデルとなった沈壽官14 代の国籍や人柄とはどのようなものだったのでしょうか?現在は沈壽官15 代が父のあとを引き継ぎ、今だに異国の地と感じるという日本で活躍されています。
芸術

沈壽官15代プロフィール|人間国宝14代と鶴瓶との出会いの奇跡!

人間国宝沈壽官14代と鶴瓶との出会いの奇跡はテレビ番組から始まりました。「鶴瓶の家族に乾杯」のロケ中、日置市で偶然に鶴瓶が14代沈壽官に出会いました。14代は司馬遼太郎さんの短編「故郷忘じがたく候」の主人公です。現在長男が15代沈壽官を継承して薩摩焼の普及に尽力されています。
芸術

三上詩絵先生の教室でならってみたい!プロフィールや作品の紹介です!

三上詩絵先生の教室でならってみたいですね。三上詩絵先生はプレバトの色鉛筆絵画でおなじみ。三上詩絵先生のプロフィールは?どちらの学校で勉強されたのでしょうか?先生の作品も紹介しますね。三上詩絵さんは本名なのでしょうか?いろいろ調査をしてみますね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました