スポンサーリンク

カメラの明るさを調整する方法(露出補正)で写真がカッコよく撮れる!

カメラ 明るさ 調整 写真

一眼レフカメラを始めたばかりで、シャッターボタン以外はあまり理解できていません。
今日は、真剣にPモードを勉強したいと思っています。

テレビの4K放送で、プロカメラマンの花の写真が流れていました。
画面いっぱいに広がった美しい花のアップの写真です。
バックは白っぽくぼかされて、手前の1輪の花が美しくクローズアップされている写真でした。

まさに、Pモードで撮影されたと思われる写真です。
こんな写真が撮れたらいいなぁと、感嘆の気持ちで観ていました。
マネをして撮ってみましたが、プロカメラマンとの感性の差を思い知らされましたね。
いつか、美しい花の写真を撮ってみたいです。

スポンサーリンク

カメラの明るさを調整する方法(露出補正)

使っているカメラはキャノンのEOS kissMです。

ヘタはヘタなりに、せめてPモードを上手に使いこなせるようになりたいです。

Pモードで明るさの調整をします。
難しい言葉でいうと、露出補正です。

明るさも自分で決められます。

カメラ 明るさ 調整

モードをP(プログラムオートモード)にセットします。

カメラ 明るさ 調整

この、+/-のボタンを押すか、液晶画面にタッチすると、明るさを決められる表示がでます。

カメラ 明るさ 調整

F値(ボケの調整)と同じように、タッチ画面で数値は動かせます。
シャッターボタンに付いているダイヤルでも操作は可能です。

明るさ調整の見方

(+)にいくほど明るく、(-)にいくほど暗くなります。

カメラ 明るさ 調整

-2で撮影

暗いので、重量感のある写真を撮りたいときにおすすめです。

カメラ 明るさ 調整

 

0で撮影

カメラが決めた明るさです。
カメラが一番いいと思われる明るさを決めてくれます。

カメラ 明るさ 調整

 

+2で撮影

明るい画面になります。
やさしい雰囲気を出したいときにおすすめです。

カメラ 明るさ 調整

こんな感じですね。
Pモードで明るさを調整すれば、プロみたいな写真も可能になるのでは?

 

続いて、花をモチーフに撮ってみました

0で撮影

カメラ 明るさ 調整

手前の花に焦点を合わせて、バックをぼかしています。

+2で撮影

カメラ 明るさ 調整

明るさを変えると、写真の印象がずいぶんと変わりますね。

芸術的ではありませんが、それなりにバックが明るくボケています。
もっと、美しく撮りたい・・・ですね。(心の声)

プロのカメラマンさんなら、もっと感動的な写真に仕上がるでしょう。

しかし、初心者でもPモードで暗くするとカッコいい雰囲気が演出できますし、明るくするとさわやかな雰囲気を出せたりします。

スポンサーリンク

ホワイトバランスで色の調整

カメラ 明るさ 調整

ホワイトバランスで色の調整ができます。
SETボタンを押してAWB(ホワイトバランス)を選びます。

もともと、AWB(ホワイトバランス)は撮影シーンに合わせて自然な色合いにする機能です。

撮影場所の光源に合わせてホワイトバランスを変えると、撮影の時の光源に適した色合いで撮影ができます。

屋外だったり、室内だったりと光が変わっても、AWBで調整をすれば、人物を撮るときに自然な色合いに仕上がります。

プロのような写真を撮りたいときにも、AWBの機能で写真の印象が変えられます。

青っぽくしたいか、赤っぽくしたいかで、色をコントロールできます。

AWB(ホワイトバランス)のマークの意味

カメラ 明るさ 調整

白熱電球

カメラ 明るさ 調整

かなり、青っぽくなる
寒い印象になる

白色蛍光灯

カメラ 明るさ 調整

やや、青みが強くなる

太陽光

カメラ 明るさ 調整

目で見た色

くもり

カメラ 明るさ 調整

赤っぽくなる
レトロな印象になる

日陰

カメラ 明るさ 調整

赤っぽくなる
夕焼け色になる

 

電球 ← 蛍光灯 ← 太陽光 → くもり → 日陰
青っぽく           目で見た色           赤っぽく

太陽光で撮って青っぽく写ったときには、赤みを足してみましょう。
そうすると、暖かい雰囲気になります。

シャープな印象のビル群などを撮るときには、青みを足すとカッコよく撮れます。

人物を撮るときには、撮影場所の光源に合わせてホワイトバランスを変えると、目で見た色に近づき、ちょうどいい色あいになります。

スポンサーリンク

まとめ

ボケ写真を撮るときは、F値を調整します。
明るさはPモードで調整します。
そして、色を調整するときはAWB(ホワイトバランス)で。

ボケ、明るさ、色を覚えたら、プロのような写真も夢ではありません。
これから、この3つを使って、ステキな写真が撮れるように修行を始めますね。

 

タイトルとURLをコピーしました