カメラモードの使い分け方知ってる?オートはやめてボケ写真を撮ろう!

カメラ モード 使い分け カメラ

一眼レフカメラを手に入れたものの、いったいどうやって写真を撮ったらいいのか、さっぱりわかりません。
EOS kissMの使用説明書を必死になって読み込みました。

フムフム、なるほど・・・
と思ったのですが、ちょっと意味不明な言葉が多くて困りました。

F値って、なんなのよ!

だいたい、レンズをカメラ本体に付けたり、外したりすることすら、すんなりできませんでしたから。
電源を入れて、シャッターを押せるところまででも、かなりグズグズしてしまいました。

念願のボケ写真が撮れるようになるまで頑張らなくちゃ!

 

カメラモードの使い分け方

カメラ モード 使い分け

シャッターボタンの近くにモードボタンがあります。
通常、オートで撮影すれば問題なくきれいな写真が撮れるようになっています。

でも、オートで撮る写真はなんだか、イマイチ魅力がないんです。
私が想い描いている景色と、カメラが写す景色にギャップがありました。

カッコいい写真が撮りたいのに、実際に撮ると平凡!
全自動(オート)で写すと、写真はそのまま映し出されます。
当たり前ですが・・・

しかし、カメラには簡単にカッコいい写真が撮れるようになる、都合のいいモードがありました。

カメラモードとは?

カメラ モード 使い分け

おまかせのオートモードの他に、簡単にカッコいい写真が撮れるモードが付いていました。
設定の一部を自分で決められるこだわりのモードです。

こだわりの部分だけ、自分で決められます。

P・・・プログラムオートモード

色や明るさを決められます。

A・Avモード・・・絞り優先モード

ボケ具合を決められます。

S・Tvモード・・・シャッタースピード優先モード

動くものに応じて、シャッタースピードが決められます。

 

AとAvは同じ機能ですが、カメラのメーカーによって表記が違うんです。
ちなみに、A・S表示はニコンやソニーのカメラです。
Av・Tvはキャノンやペンタックスのカメラの表示です

なぜ、統一できないのか疑問ですね。
私のカメラはキャノンなので、モードボタンにはAv・Tvと表示されています。

マニュアルモード

あと一つ、マニュアルモードというものがあります。
設定を全部自分で決めるので、私のような素人には手が出せないモードです。
こちらは、今のところ無視ですね。

 

通常はA・Avモードに設定しておくといいと思います。
A・Avモードは、簡単なのにいろいろと自由が利く万能モードです。
実は、プロのカメラマンさんが使っているのも、だいたいコチラだそうです。
万能ですからね。
素人ですが、頑張ってA・Avモードを使いこなしたいです。

A・Avモードを使いこなすには?

カメラ モード 使い分け

一眼レフカメラでボケ写真を撮る方法を説明します。
普通に撮っても、ボケ写真にはなりませんからね。

A・Avモードにすれば、自分でボケ具合を変えられるんです。

ボケ写真の一番のキモ!
F値を決めてみます。

キャノンEOS kissMの場合

カメラ モード 使い分け

A・Avモードを選ぶと下のようなF値を表すメモリが現れます。
レンズによりますが、このF値を変えることでボケの具合が変わります。
Fの数字が小さいほどボケます。

カメラ モード 使い分け

液晶画面をタッチしてF値を変えます。

カメラ モード 使い分け

ISOはAUTO(オート)にしておきます。(Pモードで変えられます)

AUTOは光の量が足りないときに、自動で調整してくれる機能です。
F値が上がると全体にピントが合いますが、暗くなりますから。
反対にF値が0に近いと明るくなります。

それから、シャッターを押すにはコツがありました。
いきなり押すとブレたりしますので、まず、シャッターボタンを半押ししてピントを合わせるようにして、それからグッと下まで押して撮ってください。

試しにF値を変えて写真を撮ってみました。

F8で撮った写真がこちら

カメラ モード 使い分け

F1.8で撮った写真がこちら

カメラ モード 使い分け

F値が小さいほど、ボケます。

ぼかしたいレベルを自分で選んで写真を撮りましょう。
手前の花と、後ろのぬいぐるみの距離が遠いと、もっとぼかせます。

F値の変え方はカメラによって違うと思いますが、キャノンではタッチパネルで数値を動かしたり、シャッターボタンのところにあるダイヤルでも調整できます。

カメラ モード 使い分け

F値を変えられれば、お好みのぼかし方でボケ写真が撮れますよ。
あとは実践あるのみ!

まとめ

私がボケ写真を撮ることができるなんて、もう夢みたいです。

F値の変え方は、単発で受けたカメラの講座の先生に教えていただきました。
プロのカメラマンさんです。

 

タイトルとURLをコピーしました